マッサージにより得られる効果

マッサージとは、手や指を使って体の色々な場所を揉んだり、解したり、摩るなどの行為をこのように言います。
リンパマッサージ、疲れを和らげ筋肉のコリを解消するなど、さらにはエステなどのダイエット効果を得るための手段として行われることが多く、しわやたるみの解消や党内環境の改善にも行われることがあります。

では、マッサージがどのような効果を得るために行われるか、メカニズムから考えてみましょう。

マッサージで行うことは、筋肉や内臓等の細胞内を行き渡る血管の流れを良くすることで、代謝を高め、肌の表皮や筋肉などに張りが与えられます。

血液は、食事摂取で得た栄養をリンパ液の流れにそり、頭皮や皮膚などの末端細胞から、筋肉や内臓などの細胞に栄養を送りこむことで、健康維持を図ります。

あなたのご要望に応えるYoutubeの情報がいっぱい詰まったサイトです。

必要でなくなった細胞は、皮膚などの場合、皮脂となって剥がれ落ち、内臓などの場合も不要な細胞は消化器を経て大腸から便などによって排泄され、これを新陳代謝と言います。



大腸からの排泄は、血液をつくるために水分の吸収を終えた余分なもので、これを排泄することで、新たな水分の吸収となるため、代謝のサイクルが活発化します。
便秘となると、代謝スピードが悪くなり、肌荒れや、吹き出物が出来やすくなります。

腹部のマッサージをすることで、腸の蠕動運動を促し、また腸内血流の改善ともなるため、デトックス効果と美肌効果の両方が同時に得られアンチエイジング効果もあるのです。

大阪のマッサージの情報をご提供しています。